【腰痛】寝ながらストレッチのやり方は? 即効で効果抜群!!

腰痛 ストレッチ
デスクワークや運転手など座りっ放しの仕事などでは特に腰痛が起きやすくなります。筋肉が凝り固まったり、血流が悪いままにしておくと、慢性的な腰痛にもつながるので、注意が必要です。1日に1回でも寝ながらストレッチをすると即効性があり、効果も抜群なので日常生活に取り入れましょう。

スポンサーリンク

簡単なストレッチ方法を紹介

腰痛解消のやり方
【ストレッチの手順】
①仰向けに寝転んで両手を上にあげて全身を気持良く伸ばします。

②次に半身ひねりですが、片膝を曲げて持ち上げて伸ばしている方の足の方向に倒します。上半身は床にぴったりとつけたままで左右やりましょう。

③次に片膝を胸のところに引き付けて、左右両方やります。

④次に両膝を抱えて胸の方に引き寄せ、最後に両足を開いて外側に倒します。

とても簡単なので、お風呂上りや就寝前に毎日、継続する習慣をつけましょう。

腰痛解消になるストレッチ

デスクワークや立ち仕事などで腰痛があるという方も、ストレッチを取り入れると筋肉のコリがほぐれて血流が改善し、腰痛緩和につながります。特に最初の伸びをする部分は、気持ち良いと感じませんでしたか。仕事の合間にトイレに行くときなどにも、両手を上にあげて全身を上に向かって伸ばすだけでも似たような効果が期待できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする