腰痛の原因になる筋肉はココだけ!場所や予防法について

腰痛の原因

腰痛の原因になる筋肉は、実は決まっています。その場所は、お尻の筋肉です。これは意外かもしれませんが、本当です。家で腰のマッサージやストレッチをしても、中々、痛みはよくならないことが多いです。それは、腰痛予防のための適切な場所を間違えているからです。

スポンサーリンク

腰痛解消に大事な事は?

腰痛の予防法

腰痛の痛みを取り除き、腰痛予防に一定の効果を得るには、お尻の部分の筋肉をほぐすことが大事なのです。腰痛に悩んでいる人のお尻は、筋肉がゴリゴリに凝っている人が多いのです。中には、軽くさわっただけで痛いと訴える人もいます。

お尻の部分の筋肉は、サスペンションの役割をしていて、四六時中、体重の重さを和らげる役割を担っているのです。お尻の筋肉が固くなると、サスペンションが壊れることを意味します。そのままにしておくと、車が壊れるような状態になってしまうのです。お尻の筋肉が柔らかくないと、腰の筋肉に負担がかかることになります。

腰痛の原因になる筋肉はお尻なので、腰痛のストレッチをする時は、お尻のストレッチをしっかりすることです。腰痛にならないためには、日ごろからお尻の筋肉を柔軟にして、血行を良くしておくことが大事です。


⇒ お尻の筋肉のほぐし方【動画】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする