【腰痛】抱き枕やタオルを使った正しい寝方は?

腰痛 正しい寝方

腰痛がある場合、寝ている時に腰を反った寝方をしていることが原因になることがあります。特にうつ伏せや仰向けで寝る場合は、腰に反り返る力が加わり、腰痛になりやすいのです。また、柔らかいベッドや寝具で寝ている場合も腰に負担をかけやすくします。

スポンサーリンク

腰に負担をかけない寝方

腰痛解消の寝方

腰に負担をかけない寝方は、横向きに寝ることです。横向きに寝る際に抱きまくらを使用したり、バスタオルを巻くことも腰に負担をかけない寝方です。

抱きまくらは、横向きに寝る際に体圧を分散して、肩や膝など体への負担を軽減します。抱きまくらは抱きつく姿勢の寝相を維持することができるため、腰にかかる負担が小さくなるのです。腰痛があって仰向けでなければ寝られない場合は、抱きまくらを膝の下に敷いた状態にすると腰の負担を和らげます。

タオルを使った寝方を紹介

⇒ 腰痛改善の寝方について【動画】



抱きまくらを購入せずにタオルで腰に負担をかけない寝方があります。個人差があるため、自分にあった巻き方や厚みなどがありますが、バスタオルを縦に2つ折りして、さらに2つにおります。

この状態でバスタオルを骨盤の上あたりに着物の帯のように巻きます。巻いたらそのまま仰向けに寝てバスタオルを直接して緩みをなくし、ガムテープなどで端をとめます。バスタオルを腰に巻いて寝るだけで、寝ている間の腰の無理なねじれや曲がりを防ぐことができ、腰への負担を和らげることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする