椎間板ヘルニアの症状は足の痛み? 歩けない時の治療について

歩けない時の治療

椎間板ヘルニアとは 背骨の間にあるクッションの役目をする椎間板が飛び出すことで、背骨から出た神経が炎症を起こし、手や足に痺れ、痛みをもたらすことが多いです。ヘルニアがあるからと言って症状が必ず出るわけではありませんが、椎間板の飛び出しがあると、痛みや痺れが起こる確率が高くなります。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアの症状は?

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状の中でも特に多いのが、【足の痺れ】です。正座後の痺れのようなジンジンとした感覚があり、それと共に知覚鈍麻も起こります。触った感じが鈍くなります。

ただ、足全体の感覚が鈍くなることはなく、足の親指側か足の中指側、もしくは足の小指側などのように、境がはっきりしています。腰椎椎間板ヘルニアでは筋力低下が起こることが多いので、痛みというよりは足に力が入らなくなります。

歩けない時の治療について

椎間板ヘルニア 治し方

椎間板ヘルニアで歩けない時の治療は、手術やブロック注射はおすすめできません。椎間板ヘルニアがひどくなると、痛くて歩けなくなります。足の裏に何かが張り付いているような感じになり、力が入りにくくなり、感覚が鈍くなります。そうした場合は、筋肉が原因であることが多いので、神経に対しての処置ではなく、鍼の施術がおすすめです。

筋肉が原因の痛みやしびれに対しては鍼療法がよく、筋肉をやわらかくすることで痛みやしびれを解消し、歩けるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする