右の腰が痛いのは女性特有の症状!?原因や対処法について

腰の痛み

腰に痛みがあると、何かと日常生活に支障をきたしてしまうものです。しばらく安静にしていても痛みが治まらないような場合は注意が必要でしょう。特に、女性の方で右の腰が痛いという場合は要注意です。女性特有の病気を患っている可能性があるからです。

スポンサーリンク

女性の腰痛について

腰痛の症状

女性で、右の腰が痛いという場合、考えられる病気として、月経前症候群を挙げることができます。この女性特有の病気とも言える月経前症候群の原因や症状について考えてみましょう。

月経の前に、急にホルモンのバランスが崩れることが主な原因であると考えられています。症状についてはいろいろありますが、右の腰が痛いというものに加えて、腹痛や頭痛、睡眠障害、また無性にいらいらしたり情緒不安定になったりすることがあります。女性の方で、右の腰が痛い場合には、この月経前症候群を患っている可能性がありますから、これらの原因や症状を考慮した上で、効果的な対処法を考えることが必要です。

効果的な対処法としては、体のバランスを整えるためにストレッチを行なったり、上手にストレスを解消させて精神的にリラックスできるようにしたりできるでしょう。さらには骨盤の歪みを解消するというのも良い対処法となります。

右の腰が痛い

また、女性で右の腰が痛い場合、子宮内膜症という女性特有の病気にかかっている可能性もあります。子宮内膜症の原因や症状に関してですが、主な原因は、子宮内にあるべき細胞がそれ以外のところで、特に右側にある内臓で増殖していることが考えられます。安静にしていても痛みがあり、体勢を変えてみてもやはり痛みが残っているというのが一つの症状です。

効果的な対処法としては、婦人科を受診して適切な治療を受けることでしょう。症状が軽い場合は、薬物療法で改善できるため、できるだけ早めに受診することが勧められています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする