背中と腰が痛いのは病気が原因?症状や治療法はこちら

背中と腰が痛い

自然の中で暮らしていた大昔とは違い、現代の人間というのは体に多くのトラブルを抱えていると思います。年齢を重ねた方は「背中と腰が痛い」と一度は言ったことがあるでしょう。

背中や腰が痛いと日常生活にも大きな影響が出ます。ただ歩くだけでも辛いので外に出るのが嫌になり、外に出なくなると更に体は弱くなり痛みも悪化します。また家の中でもちょっと重い物を持つ時や、しゃがんで作業しないといけない時なども常に傷めないように注意が必要になってしまいます。

スポンサーリンク

背中と腰が痛い理由は?

背中の痛み

原因や症状は人によって様々ですが、多くの原因は「姿勢を支える筋肉の減少」や「栄養バランスの偏り」からくるものです。痛みがあるのに放っておくと椎間板ヘルニアになってしまい、接骨院などの病院に通院になったり、最悪の場合は手術を受けないといけなくなるかもしれません。

腰痛の治療法について

腰痛の改善法

治療法として存在するのは湿布を貼る事やストレッチ、そしてコルセットを装着する事になります。それ以外にお勧めするのは筋力トレーニングです。腰や背中には多くの姿勢を支える筋肉が存在しています。それらが弱まっているために骨や筋に過度なストレスが掛かって痛みになるのです。

いきなりジムに通って50㎏もある重りを使ってのトレーニングは症状を悪化させる原因になりますので、最初は体力付けるためにコルセットを装着してのウォーキングなどから始めてみてはいかがでしょうか。ウォーキングやジョギングは意外と姿勢が大事で、背中や腰まわりの筋肉も結構使います。

ある程度 筋力が付いてくるとそれ自体がコルセットの代わりになるので、コルセットを外しても痛みが出ないようになるでしょう。サッカー日本代表の長友佑都選手も筋トレという方法で重度のヘルニアを克服しました。あなたも筋トレで背中や腰に痛みが出ない強い体を作ってくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする