竹井仁教授の腰痛ストレッチが話題!! やり方や効果は?

腰痛ストレッチの効果

季節の変わり目や疲労が蓄積するとチクチクと痛み出す腰痛に悩まされている人は非常に多いと言われています。そんな辛い腰痛の症状を劇的に緩和するとして話題になっているのが竹井仁教授の腰痛ストレッチです!竹井仁教授の腰痛ストレッチとはメディアなどでも取り上げられ、非常に注目を集めている腰痛を和らげるストレッチ法です。

スポンサーリンク

腰痛ストレッチ方法を紹介

竹井仁教授の腰痛ストレッチには具体的には、おじぎストレッチと、振り返りストレッチという2つの方法があります。このストレッチで用意する物は椅子とタオルのみです。

腰痛ストレッチ

【おじぎストレッチのやり方】
椅子に座り丸めたタオルを用意して、痛みの無い側のお尻の下に入れます。身体を丸めて前に倒して、タオルを入れた側の方向に身体を倒して30秒間キープします。

【振り返りストレッチのやり方】
直立した状態で痛みが出る側の足を一歩前に出して、出した方のひざを軽く曲げます。痛みが出る側の手を上に振り返るようにして伸ばして身体をひねり30秒間キープします。反対側の手は椅子の背もたれに添えて行うことがポイントです。

どちらのストレッチも30秒間を3回で1セットを朝昼晩に行うと効果的のようです。

腰痛の原因とは

腰痛の原因

竹井仁先生によると長年にわたり腰痛の症状に悩まされている人にはある共通の原因があると言います。多くの腰痛患者は体の軸を支える助骨に歪みが生じることで、左右差のバランスが崩れていると言います。このストレッチで助骨の歪みを改善して左右差のバランスを整えることで、辛い腰痛の症状が緩和する効果があると言います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする