女性の腰痛の原因とは?正しい寝方やマッサージについて

腰痛の原因

腰痛は、男性よりも女性に多いと言われています。その原因としては、女性特有の病気やホルモンの変化・身体的な特徴や生活習慣が挙げられます。

スポンサーリンク

女性に多い腰痛の原因について

女性の腰痛

女性は、男性と比較して、筋肉量が少なく、筋肉が付きにくい体質です。ちょうど腰の位置にある腰椎は筋肉によって支えられているため、普段から適度な運動をして、適度に筋肉を付けることが腰痛防止となります。また、筋肉量が少ないと、冷え症にもなりやすくなります。腰を冷やすと腰痛も発症しやすくなるため、注意が必要です。

また月経も、女性の腰痛の原因になります。ホルモンの変化が、自律神経のバランスを崩すため、様々な辛い症状を起こすことになります。さらに、子宮内膜症や子宮筋腫と言った女性特有の病気でも腰痛は発症します。なぜならば、子宮は腰の位置に近いため、このような子宮の病気が原因となり、腰痛が発症することがあるのです。

腰痛の解消方法

腰痛の解消方法

解消方法としては、マッサージがおすすめです。腰からお尻にかけての筋肉をほぐすように、あまり力を入れすぎないように、適度な力で圧します。マッサージ器を使用することも良いですが、テニスボールを使用したマッサージが、とても手軽で簡単に出来ます。

さらに、足裏やふくらはぎのマッサージは、冷え症解消にもなります。全身の血流が改善されるため、結果的に腰痛の緩和にもなるのです。また、寝る姿勢と腰痛は密接に関係していて、うつ伏せや仰向けは腰痛の原因になります。そこで、横向き寝が良いとされています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする