【腰痛マッサージ】効果や簡単なやり方・方法について

腰痛マッサージ 効果

長時間同じ姿勢でいたりしていると腰が痛くなってしまい、ひどい腰痛になることもしばしばありますよね、そんなときには腰痛マッサージが良いとされています。正しいやり方を正確にすることで確実に効果がでてきます!

スポンサーリンク

腰痛マッサージ紹介

腰痛マッサージのやり方

簡単なやり方としては、手を腰に回してこりこりしたしこりを見つけます。これが志室というつぼで、ここがこっていることで腰痛が起こることも多いとされています。呼吸しながらこのつぼを息を吐きながら三秒間押し、三秒間でゆっくり離します。これを7回ずつ3セット繰り返すと効果的だとされています。

また、足のつぼを押すのも良いとされています。ボディオイルなどで両足のふくらはぎを揉み解していきます。ふくらはぎが解れたら膝の裏側も揉んでいきます。膝の裏には委中というツボがあり、腰痛や背中の痛みに効果があります。リンパ節もあるためあまり強い力で揉んでしまうとリンパの流れが悪くなるため、あまり強い力を入れ過ぎずにマッサージことが大切で、リンパ節が揉み解されると毒素も一緒に流すことができます。

その他の腰痛改善方法

腰ベルトの付け方

対処をしても痛いという腰痛の場合、下手にマッサージをしてしまうと逆に悪化してしまうことがあります。そんなときは【腰ベルト】などで骨盤を固定してい、腰を安定させて負担がかからないようにします。それでも痛い場合には腰痛を抑える効果のある頭痛薬を飲んで痛みを和らげるか、病院に行ってきちんと治療していくことが大切です。

予防するためには、普段から同じ姿勢ではなく時々軽いストレッチなどを行なったり、重い物を持つときには慎重に腰に負担をかけないようにすることなどが必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする